世界一周旅行準備【資金編Part.1】

世界一周
この記事は約3分で読めます。

コロナウイルスの影響により、いつになったら以前のように海外旅行が出来る状況が戻ってくるのかわからない状態ですが、もし問題なく決行できそうであれば2022年か2023年には出発したいと思っています。なので、出発までには最低限2年ほどあるわけです。

コロナウイルス自体は2年もあればワクチンも開発され終息に向かうのではないかと予想していますが心配なのは差別の問題です

日本人同士でさえ自粛警察などの過激な行動が見られているので、アジア人に対するヘイトは今後どうなるのか全く予想もつきません

それはさておき本題に入っていきます。タイトルの通り世界一周にかかる資金のお話です。皆さんは一体どのぐらいかかると思いますか? 私は今のところ西回りで1年弱かけて6大陸全てを回りたいと思っています。中々無謀ですね、、、笑

世界一周ブログやYouTubeを参考にさせて貰ったところ、だいたいの人が1~2年かけて世界一周を行っているようです。しかも南極大陸やオーストラリア大陸は行ってない人がほとんどです。

当たり前ですが、旅は長引けば長引くほど資金もかかります。しかも、旅の間は基本的に収入が0であると思われるので、貯金を切り崩しながら生活するしかありません、、、。また、1年以上休学をするのは現実的に中々難しいと思われますので、なんとか1年間で達成したいと思っております。

世界一周でかかる資金としては、航空券、食費や宿代などの生活費、観光費、ビザ代などが挙げられます。色々なブログを参考にさせていただいたところ、食費などの生活費はだいたい1ヶ月で10万円ほどかかるようです。

もちろん、ヨーロッパやオーストラリアなどの物価が高い国ではそれ以上になり、20万円ほど見込んでおいた方が良いかもしれません。あくまで暫定ですが、かかる費用を計算するためにおおまかな旅のスケジュールを組んでみました。

3月 東南アジア

4月 南アジア

5月 アフリカ

6月 アフリカ

7月 ヨーロッパ

8月 アメリカ

9月 カナダ・中米

10~12月 南アメリカ・南極

1月 オーストラリア

今のところはこんな感じで回りたいと思っています。旅において邪魔となってくるのが雨であるので、なるべく雨季を外すように上手く時期を合わせていますが例外もあります。ウユニ塩湖は是非とも雨季の鏡張りを見てみたいので雨季に行くことにします。

物価の高そうなヨーロッパ・北米・豪州での1ヶ月での生活費を20万円、それ以外を10万円とすると合計で約140万円かかる計算になります。学生にとってはとてつもない大金です。

航空券を含む交通費はLCCなどを使ったりバスを使ったりしてなるべく安く抑える予定ですが、ざっと見積もったところ40万円ほどはかかりそうです。

南極を除いたところでの観光費やビザ代を20万円ほどだとすると、合計で約200万円ほどかかる計算になります。本当にそんなに用意できるのか不安になってきます、、。南極に関してはどんなに安くても80万円ほどかかるようなので、もしかすると行けないかもしくはクラウドファンディングをお願いすることになるかもしれません。

とりあえず旅の予算は200万円としてそれを集めることを目標に決めます。

200万円の集め方ですが、バイトなどの収入と仕送りのあまりで何とかする予定です。大学では今年から研究室も始まり、時間的には中々忙しいですが頑張って年間90万円ぐらいは稼ぎたいと思っています。

仕送りは生活費を出来るだけ切り詰めることで月4万円残せればと思っています。これらを合わせると2年間で276万円の貯金を作れる計算になります。200万円を差し引いて76万円もあれば2年間友達と旅行したりして使う分には困らないと思うので何とかなるはずです。

研究室での実験やゼミや勉強会がある以上バイトを出来る時間は限られてしまうので、出来るだけ早くこのブログや株での不労所得も増やしていきたいですが、中々難しそうです、、、

3ヶ月に一回ぐらいは貯金額を公開して進捗度合いを報告しようと思っています。とりあえず今の貯金額は約40万円です。200万円まであと160万

コメント

タイトルとURLをコピーしました